emahiLog

Golangと読んだ本の感想がメインです。

shell二刀流を試してみてる

shellを二重で使ってみてます。

使っているshell

用途によって分ける

普段使いのshellはfishです。
もともとzsh使っていたのですが、なんとなく使っていてもっさり感が出てきたのと、いちいちrcファイルでカスタマイズするのがめんどくさくなってきたので fish に乗り換えました。

fishはカスタマイズも専用のパッケージ管理ツールで行ってくれるので非常に楽です。
使っているパッケージ管理ツールは oh-my-fish です。

しかし、fishの悩みは、shellスクリプトの書き方が独特だということ。
例えば $(コマンド) みたいな書き方は使えず、 A && B という書き方も使えません。 (それぞれ (コマンド)A; and B と書きます。)
直感的といえば聞こえはいいですが、普段業務で使うshellスクリプトだったり、ネットで探したときに出てくる参考資料は zsh or bash 向けのものがほとんどでそれ自体をいちいち fish 用に書き換える手間もかかるため、人思いに zsh も使ってます。

zsh もデフォだと見にくいので oh-my-zsh でカラースキーマだけカスタマイズしてます。

結果

めんどくさいかと思いきや、これが意外に使い勝手がいい。

  • zshの用途が制限されたので、今までみたいにzsh向けのカスタマイズが必要なくなったのが心理的にすごく楽
  • fishは今まで通り使っている
  • zsh用のコマンドが合ったら、zshに変更して終われば exit してfishに戻す。

こんな感じで二刀流を最近試してます。