読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hack The Environment

文系出身エンジニア / Work at Shibuya

WebViewを使ったHTMLの描画

アプリのTableViewから詳細画面に遷移するインターフェースを考えます。
詳細画面に遷移する時に、HTMLをViewに描画するとき、

  1. URLをLoadして直にwebViewを読み込む
  2. HTMLの文字列をHTMLの段組みに合わせてWebViewで表示する。

参考 How to load a HTML string into a WKWebView or UIWebView: loadHTMLString()

URLをLoadして直にwebViewを読み込む

let webView = UIWebView()
let urlRequest: URLRequest = URLRequest(URL: URL(string: "https://sample.com/XXX")!) // 表示したいページのURL(URLRequest型)
webView.loadRequest(urlRequest)

URLを指定して、UIWebViewで表示させるだけなので、簡単ではあるものの、ページの描画に時間がかかってしまう。 そこで、APIのレスポンスでHTMLの文字列が返ってきたような場合、レスポンスで返ってきたHTMLの文字列をHTMLの段組みでWebViewに表示してみます。

HTMLの文字列をHTMLの段組みに合わせてWebViewで表示する。

QiitaのAPIを例にとって試してみます。
qiitaのAPIのレスポンスは

$ curl https://qiita.com/api/v2/items/97819a1910859a6f2ef9 | jq
% Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 14941    0 14941    0     0  29195      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 29181
{
  "rendered_body": "HTMLの文字列",
  "coediting": false
  # 略
  
}

という形で rendered_body のプロパティにHTMLの文字列が返ってきます。
この rendered_body プロパティのHTMLの文字列を取り出してUIWebViewの loadHTMLString メソッドに渡します。

var webView: UIWebView!
let html: String = "rendered_bodyの中身"
webView.loadHTMLString(html, baseURL: nil)

これでHTMLの文字列をWebViewに描画することができます。
以下のような感じになります。

f:id:ema_hiro:20170403161835g:plain