emahiro's ProgrammingBlog

勉強記録と書評とたまに長めの呟きを書きます

go言語を学び始めてみた

go言語を学び始めました。
最近専らクライアントサイドの開発がメインだったので、サーバーサイドやりたくなったので、徐々に浸透してきたgoについてキャッチアップはじめました。

環境構築

環境

エディター

goのインストール

とりあえず自前のPCで動かす環境を簡単に構築します。

$ brew install go
$ go version
go version go1.8.1 darwin/amd64

atomの設定

goを書くにあたってエディターもろもろ調べましたが、どうやらatomでのgoの開発環境構築がイケている感じを受けたので、atomでgoの開発環境を構築します。

Package

go-plusをどうさせるためにgoに依存パッケージをインストールする必要があります。
※ go-plusのドキュメントに記載してあります。

goではrubyのgemのように簡単にgoのパッケージを管理するインターフェースが用意されています。

$ go get ~

コマンドでgoのパッケージをローカルの環境にインストールできます。
普段は、ドキュメントに書いている順序でコマンド打ち込んでいくのですが、めんどくさいのでshellスクリプトを書いて一括でインストールさせます。

#!/bin/sh

#go-delveをbrewで入れる
$ brew install go-delve/delve/delve

$ go get -u golang.org/x/tools/cmd/goimports
$ go get -u golang.org/x/tools/cmd/gorename
$ go get -u github.com/golang/lint/golint
$ go get -u github.com/sqs/goreturns
$ go get -u github.com/nsf/gocode
$ go get -u github.com/alecthomas/gometalinter
$ go get -u github.com/zmb3/gogetdoc
$ go get -u github.com/rogpeppe/godef
$ go get -v github.com/golang/lint/golint

完了したら、atomで上記go-defgo-plus の2つのパーケージを入れます。

GOPATHを設定する

packageをインストール後、atomを再起動すると、 liter-golint のパッケージのところでエラーが発生します。
これはGOPATHを設定していなかったことが問題で、GOPATHを設定し、packageの設定画面のGOPATHに設定したGOPATHのパスを入力します。 GOPATHを設定しないと、goでインストールしたライブラリが正常に動作しません。

GOPATHは適当に決めていいらしいので、今回は ~/.go にGOPATHを設定しました。
設定方法はPATHを通すだけなので、bashrc or zshrc にGOPATHのパスを追加します。

$ emacs .zshrc

# GOPATH を追加
export GOPATH=$HOME/.go

# シェルを再起動
$ source .zshrc

atomの設定画面から「パッケージ」を選択し、go-plusの設定画面のGOPATH項目、 ~/.go を入力します。 これでlinter-golintのエラーは解消され、atomでgoを書く上で最低限の設定は完了しました。

GOPATH設定のところで少しハマりましがが、Goの言語仕様を説明した入門本もさくっと読んだので、コツコツ開発始めていこうと思います。