Intellijで古いversionのpluginをinstallする

Intellij をはじめとした jetbrains 系のIDEで現在installしているpluginよりも古いversionのpluginを入れようと思ったのでそのメモです。

背景

そもそもなぜわざわざ古いversionのpluginを入れようかと思ったかというと、jetbrains系のIDEでUIをカスタマイズするときに Material UI というのを使うのが一般的なんですが、先日IDEをアップデートして合わせてpluginもアップデートした直後から、Intellijを起動するたびにMaterial UIの設定wizardが毎回出るようになってしまい、ものすごくうざかったので、その原因と対処を調べてたというのが理由です。

原因

ありきたりなんですが、IDEのアップデートに合わせて Material UI の pluginもアップデートしたら、pluginのpreview版がinstallされてしまったことが原因でした。
どうやら jetbrains系のIDEに使われる pluginはpreview版であってもstatable状態であればIDEEAP(Early Access Preview)版でなくてもpluginのpreview版がインストールされてしまう、ということがわかりました。

Mateial UIのページを見ると、僕がこの問題に直面した 2018年9月18日時点では以下のようになっていました。

plugins.jetbrains.com

これの Download Plugin を見ると最新版が Material Theme UI 2.9.0-pre1 でstatableになっていました。どうやらこれが原因らしいです。

Changelog 2.9-pre PS: This is a very early release which has not be tested yet, but since I'm taking a break I wanted to release it before I go. If something goes wrong you can still revert back to 2.8.3.

ちなみに注意書きにこれが書いてあって、「じゃあそもそもなんでstatableやねんw」っていう気もしましたが、仕方ないので、このエントリを書いてる時点の1つ前のversionに戻します。

古いversionのPluginをinstallする

jetbrains系のIDEでPluginをDLする場合は3つの方法があります。

f:id:ema_hiro:20180920025923p:plain

  • Install jetbrains plugin ... デフォルトで指定されてる公式が指定しているplugin。各種言語のpluginはこれに当たる
  • browse repositories ... 公式指定に限らず、一般の人も公開している全てのpluginをinstallできる。
  • install plugin from disk ... 端末からバイナリを指定してinstallする。jetbrainsIDEに内包されてるpluginのinstallerを使わない。

今回は3つ目の install plugin from disk を選択してpluginをinstallします。この手順は以下に掲載されています。

www.jetbrains.com

手順

  1. https://plugins.jetbrains.com/plugin/8006-material-theme-ui からこのエントリ執筆時点の最新安定verは2.8.3をDLする
  2. Preferences > Plugin > install plugin from disk を選択する
  3. 1でDLしたzipファイルをそのまま選択してください。取り込めるのは zip or jar だけみたいです。
  4. 正常に取り込めたらIDEを再起動します。

結果

2.8.3に戻したら毎回 Material UI の 設定ウィザードが開かなくなったので元どおりに戻りました。jetbrains系のIDEは結構罠が多いなと思います。